header_p287.jpg
新ブログはこちら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋沢温泉小屋HP

シボ沢温泉物語9話




【シボッ沢に立つ】

三七おじいさんがモモンガ射ちの時に見つけたシボ沢温泉。

昭和37年に登さんと光子さんがテント小屋から始まてシボ沢が紅葉に包まれる頃には小屋のぐるり(外壁)が完成していました。


写真一枚目はテント小屋の名残りと小屋のぐるりが完成した渋沢温泉小屋が写っています。


写真二枚目を登さんと一緒に見ていると『まさか嬉しいよ!』

『森さんも七入から荷物を背負って小屋を作ったら気持ちがわかるよ』と笑って話してくれました。


写真三枚目は全体図、こうして見ると下の小屋は本当にシボ沢の脇に建っていたのがわかります。

一緒に見ていた光子さんに聞いて見ると『本当に夢中で過ごした』
『それしかなかったからやるしかなかったよ』と光子さんも笑って話してくれました。

『今ではみんないい思い出お父さんと一緒に良くやったよ』


本格的に営業を開始したのが翌年の昭和38年から…その時の話はまた別の機会に。

来週月曜日につづく…

渋沢温泉小屋HP

スポンサーサイト

シボ沢温泉物語7話




【親戚以上のお付き合い】
先週掲載した三枚目の写真の村山さんに電話でお話を聞く事ができました。


『今ならヘリコプターでレスキューしてもらえると思うんですが、当時はそう言うものも何も無くて…』

燧ヶ岳登山中に足首を捻挫された村山さんは、見晴に何とか降りて来て新潟に一番近い渋沢温泉小屋に松葉づえ(木で作った物)をつきながら下って来たそうです。

『渋沢温泉小屋に着くと玄関先には工事中と看板が出ていましたが、訳を話すと快く泊めてくれました』

登さん、光子さん、大工さんの三人と村山さんは小屋の中がまだ完成していない壁のある一間で皆一緒に寝たと言う事でした。

『次の日小沢平まで荷物を運んでもらって奥只見湖に向かいました。本当に山の人はいいひとだなぁと感動したのを覚えています』

それ以来年に1~2回は渋沢温泉小屋に通って今では親戚以上のお付き合いをされているそうです。


写真一枚目がその当時の奥只見湖の船着き場。

二枚目、三枚目の写真は定期船以外に有料で渡してくれたボートだそうです。


来週月曜日につづく…

渋沢温泉小屋HP

シボ沢温泉物語6話




【一番最初のお客様】

雪解けと一緒に赤いペンキを頼りに道を切り開いて、テント小屋から始まった渋沢温泉小屋。

ブナの森が紅葉に包まれ始める頃には、小屋の外周りが完成していました。


『最初のお客様は覚えてるよ。まだ地図にも何も載ってなかったから、たまたまシボ沢に降りて来て…』

写真一枚目の右のお二人が一番最初のお客様で左から二番目が家大工さんです。
『布団はあったから、夕食はお父さんに魚を釣って来てもらって私も料理が不慣れだったからふきの葉の天ぷらぐらいつけたかなぁ』

まだ玄関が完成していなかったので写真の後ろの小屋脇の戸から出入りしていたそうです。


写真二枚目の右側が玄関、手前の柱は雪で押されても傾かない様に支えをしていたそうです。

登さんの後ろにはトタンがあったりとまだまだ渋沢温泉小屋は工事中です。


『今もって遊びに来てくれるよ』

『この間も村に顔を出してくれたよ』

写真三枚目の登山者の方とは今現在もお付き合いをしている仲だそうで、出会いの話は来週に続きます。


来週月曜日につづく…

渋沢温泉小屋HP

シボ沢温泉物語5話




【開削~シボ沢林道~】

テント小屋から始まった渋沢温泉小屋なんですが、テント小屋の前に燧裏林道の天神田代から渋沢温泉小屋までの登山道を作るところからが本当の始まりでした。


『小屋を建てる前の年の冬、天神田代から木に登ってシボ沢の方向をだいたい睨んでおいて…』

途中途中、木に登ってはシボ沢の方向を見ながら赤いペンキでしるしを着けて行ったそうです。

『小屋も建っていなかったから大変だったよ』


春先の雪解けと共に村の人を3人ぐらい頼んで一週間かけて道作りをしたと言う事でした。


写真一枚目、二枚目は当時の燧裏林道、今ほど立派な木道はありませんでした。

『たぶん燧裏林道で撮った写真じゃないかな…』

写真三枚目は当時の登さんです。


来週月曜日につづく…

渋沢温泉小屋HP

宝の山は屋根裏に


『下の小屋の時に製材に使った丸ノコの刃が屋根裏にあると思うよ』

小屋に帰って早速ヘッデン着けて屋根裏に潜入開始。

『これ使えそうやなぁ…』
とついつい違うところに目がいきがち何ですが、丸ノコの刃を見つけました。

『こびきも屋根裏にあると思うよ』

こびき?製材に使う物らしいんですがどういう物か分からずこちらは発見ならず…


改めて屋根裏には宝の山がたくさん眠っていたのでイメージを膨らませて小屋に生かせていければいいなぁと思いました。


こびきも発見できれば紹介したいと思います。

渋沢温泉小屋HP

プロフィール

渋沢温泉小屋

渋沢温泉小屋
尾瀬ヶ原より三条の滝の下流にあり、只見川沿いの尾瀬の山小屋 渋沢温泉小屋

新しいブログができましたのでそちらをご覧下さい



Twitterボタン渋沢温泉小屋

Facebookページも宣伝

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。